行きたいところが、できました。

旅行に行ってパリに住んでいる日本の人と話したりすると、旅行で来る人たちのが断然情報が早いよね、なんてことを言われます。

だって、1年のうちのたかだか1週間とか10日とかに全てを懸けるんですもの。
そりゃそうなっちゃいます。

フィガロのパリ特集は、パリの人たちもびっくりな情報量だそうですよ。なんならパリより早いって。
お菓子特集が出ましたが、火曜日に本屋さんで立ち読みして行ってみたい!!かわいい!!って思ったフランス版elle a tableに載ってたカフェがもう載ってたのには驚き。タイムラグなし。すごいなあ。

旅行まであと20日もなくなって、それでも指折り数えつつ(一日ずつしか減らないのにさ)仕事の合間に、夜寝る前に、にやにやしながら情報収集に励みます。

美術館とか見たいな~なんかおもしろい展覧会でもやってないかなあ、と調べるのは、パリ市のホームページや、フランスで出ている雑誌(ELLEコスモポリタンなど)のホームページが便利。もちろん、前に紹介したカイエドパリやハヤクーなども。

culture(クルチュー。カルチャーです)や、loisir(ロワジール。レジャーです)ってとこをみると、いろんな情報が出てきます。
ざっくり翻訳サイトで日本語にするだけでも、だいたいなんとなくわかるので、いろいろみてみると楽しいです。

すごく興味があるところ見つけちゃいました。
るるぶのガイドブックをみてみたところによると、「建築文化財博物館」という訳になるらしい

Cite de l'architecture et du patrimoine
館内紹介ビデオのページのリンクです。音が出ます。

おもしろそう・・・。どうも、フランス全土の建築のミニサイズが見られるらしい。
東武ワールドスクエアみたいな感じ?(たぶん違う)。

そして、一番興味があるのがELLE Decorationの部屋があるらしい。

土曜日と日曜日の14時から17時までしか開いてないみたいだけど・・・。

狙って、行ってみようと思います。
博物館自体は、火曜日がおやすみで、木曜日以外は11時から19時まで。
木曜日は11時から21時までオープン。
美術館のみなら入場料は8ユーロ。エクスポジション(企画展)も見るならセットで10ユーロ。
エクスポジションだけ見るなら、それぞれに料金が設定されているようです。
エルデコラシオンのお部屋にはいるには、+3ユーロみたい。

この博物館は、シャイヨ宮というところにあって(メトロはトロカデロ)、ここからみるエッフェル塔はすごくよい眺めです。近くにはパレ・ド・トーキョーや近代美術館(この二つはお隣同士。パレ・ド・トーキョーのカフェは大好き)、ギャリエラ博物館(きれいな洋服がいっぱい)、ギメ美術館(行ってみたらすごく楽しかった)橋を渡って対岸にはエッフェル塔、ケ・ブランリー美術館(お庭もきれい。飾ってあるものがとてもかわいい)、パリで唯一の水族館シネアクア(入場料はちょっと高いけど、すごく楽しかった。お魚に触れる水槽があるよ!と書いてあった、その水槽の中にいたのは鯉だった。なぜか映画もやっていた)と、おもしろスポットてんこもりです。

近くはパッシーというエリアで、すこし高級な雰囲気。とはいえ、パッシープラザにはH&Mとかもあったなあ(6年前)。フランク・エ・フィスというこじんまりとしたデパートもあります。
パッシープラザの裏手あたりにあった、超ケーキがおっきくて生ジュースがおいしかったテ・クールというサロンドテ、フィガロのお菓子特集でリュクサンブール公園の近くって紹介されてたけど、移転したのかな・・・それともお店が増えたのかな・・・。ふたりでひとつでじゅうぶんなおいしいケーキです。ジュースがおいしいよ。
おばあちゃんが一気飲みしてるのを見たことがあります(笑)。

うーん、やっぱりこの辺で1日たっぷりになっちゃいそうです。

a0110441_15131097.jpg
ちっちゃいですけど、パレ・ドトーキョーのカフェの写真。
反対側の近代美術館のカフェはもうすこししっとりとしていて、両方ともごはんもおいしいです。
[PR]
トラックバックURL : https://hpcontente.exblog.jp/tb/8985421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by bonjourhappy | 2009-09-19 15:14 | paris2009 | Trackback | Comments(0)

お花を活けたりコーヒーを入れたり文章を書いたり雑貨を作ったり、いろんな、でも全部好きな仕事をしている人の日常。何もなかったり大わらわだったり。


by bonjourhappy