営業部長さんのお給料

こんばんは~。

なんとなく、師走!走るぜ!お坊さんじゃないけどね!!という雰囲気に乗ってきました。
喫茶店の予約のご相談も、「決算報告」とか「活動報告」とかおぉ年末という単語がたくさん出てきて、12月だなぁという感じ。
お花のほうも、「パーティーで・・・」と数をたくさんの注文をいただいたり、おぉ年末!です。

ダッシュ!したら、ぜひぜひ一息つきにコーヒーを飲みにいらしてください。

今日は何杯くらいコーヒーいれたかなぁ。50杯はいったな。

忙しかった日は、一応「営業部長」ころたんの功績(入り口に座って呼び込みをした)ということで、お店からおうちへと帰るときにお父さんからおやつをひとつもらえます(歩合制?)。
でも、暇だった日も「ころくん、まぁ明日がんばってくれたまえ」と、激励のおやつをひとつもらえます(日当?)。

結局、帰るときにころたんはおやつをひとつもらいます(笑)。

今日は「大入り」のほうのおやつでした。よかったねぇ、ころたん。そして、両親も(笑)。

家に帰ってきてから、ターシャ・テューダーのドキュメントのテレビを見ました。
あの突き抜けた感じ、意志の強さと自由な心。
「働く」ことと「楽しむ」こと。

誤解を恐れずに言うならば、あのお庭をつくるのに、莫大なお金がかかっているはずで、お洋服の生地もそれはそれはとてもよいものだというのがテレビで見てもわかって、ターシャは以前自分のことを「商業美術家」と言っていたと思うんだけれど、意志の強さによってすきなことを「仕事」にして、本当の意味で「仕事」にしてお金を稼いで糧にして、人生を、生活を「楽しんで」いたんだなあ、と思いました。それにはものすごくものすごく体力も気力も知力も必要だから、90歳以上まで生きて、好きなことが死ぬまでできたんだな、きっと。自然を相手にする強さは、きっとあらゆる方向に強いに違いない。

あそこまで突き抜ける(他にもっと言いようがないのか、と思うけれど、他にしっくり来る言葉がみつからない)ことができなければ、だめなんだなあ。自分がいいと思うことを信じて。誰がなんと言おうと気にせず。

「あまりに子どもたちのために一所懸命だったから、夫だった人はすねてしまったのね」

という一言がツボだった(笑)「夫だった人」!!

ニュアンス的な文章で、一語一句こういってたわけではないのですが
「他の人のことなど気にせず、自分がこうなりたい、こうしたいと思い続けて日々生きれば、必ず思いも寄らない成功がある。これこそ真実」

よし。
[PR]
トラックバックURL : https://hpcontente.exblog.jp/tb/7752161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by bonjourhappy | 2008-12-20 23:17 | おみせのまいにち | Trackback | Comments(0)

お花を活けたりコーヒーを入れたり文章を書いたり雑貨を作ったり、いろんな、でも全部好きな仕事をしている人の日常。何もなかったり大わらわだったり。


by bonjourhappy