しょうがないから

お店で一日にかき氷が二つ出たら夏が来たということにしようとそれは決めているのですけれど、今日は靴下が売れたので、これから8月半ばくらいから明らかにはくのは冬だろう「もこもこくつした」をしれっと雑貨のところに置いて、それが売れたら秋ということにしようかな、と思いました。
まだ暑いけど。エアコンもつけているし。

8月は毎年何かある、私にとって魔の月なんです。

今年もお店の冷蔵庫が壊れ、レジが壊れました。今年は破壊の年だったらしい。

もう買うしかないから新しいの買ったんですけど、冷蔵庫は引き取り込みでやってくれたからありがたかった。そして、レジは壊れる3日前に「来週廃品回収が回ります。なんでも無料で持ってくぜ!」というチラシが家のほうに入ってたんですよ!!その場にいなくても、玄関先に出しておけばいいっていうのもらくちんだし、タダで引き取ってくれるなんて嬉しすぎる…と早速それで捨てさせてもらいました。ラッキーだった。

半年に1回くらい回って来る廃品回収、前回はじめてのときは「そうはいってもこれは例外ですとか言ってお金取るんじゃないの…?」とチラシを隅から隅までじっくり読んだのですがどうも本当に無料らしい。それでもやっぱり実際捨てるまでは本当なの?という気持ちはぬぐえない…と疑い小心者で慎重派なふりをしていたくせにいざその時になったら豪快にストーブ4台(+その他)捨てました。出しちゃえ!出しちゃえ!と行くところまで行くと突然吹っ切れる。

そう、なぜ家には壊れたストーブが複数台あるのか。母は「本気で探せばまだあるはずだ」と言うし。

こないだ一緒に働いてる人に「それでレジは捨てられてー、っていうか前回ストーブ捨ててー」と話したらその人の家にもストーブ5台はあるらしい。それで「先にチラシで予告してくれるの素晴らしいね、急に回って来られたって用意できてないからたいしたものは捨てられないんだよ」とほんとにそう!ってことを言ってた。なんであんなにストーブってあるのかなあ…と言う疑問にも「あれは1部屋に1台使ったりするじゃん。5部屋で1周すれば5台だもん」と、それだ!という答えを出してくれた。ありがとう〇川さん。

a0110441_23060135.jpg
ちょっと前までは、割とランチで気軽にラムチョップが食べられるところも多かったのに、最近めっきり見かけないと思いませんか。
つばめグリルのランチでラムチョップがなくなったと気が付いたときは呆然とした。私あれ好きだったのに。あればっかり食べてたのに。
それどころか、お夕飯を食べに行ったレストランで注文しても「今日は入荷がなくて」とか言われちゃったりするし、第一相場的な値段も上がった気がするラムチョップ。

ついに食べたい欲が爆発。冷凍のラムチョップを取り寄せて自分で焼きました。うう、おなかいっぱい食べてやるんだ…マッチすったらラムチョップ見えるんじゃないかってくらい恋い焦がれていたのです。

付け合わせはズッキーニ。エルブドプロバンスとにんにくと塩コショウを上から振って、オリーブオイルをかけて、お庭から切ってきたローズマリーを乗せてしばらく置き、220度のオーブンで25分。ちょっと焼きすぎた。でも、おいしかったー!!満足!!
今度やる時にはローストビーフ作る時みたいに先にお肉に焼き目だけつけるといいかも。焼き目がつかないなーとダラダラ焼いてたらこうなったわけだし。

せっかくおうちで食べるんだからと骨にもしゃぶりついて、犬かな?ってくらいにきれいに食べました。Mさんにいただいた、オーストラリアの粒マスタードが本当によく合った。粒がおおきくて、ぷちぷちしてて、食感も楽しいし。

a0110441_23061255.jpg
これは先日「とうふ屋 うかい」で食べた松前豆腐。昆布だしにじゅんさいが入ったつめたいお豆腐。

じゅんさいってどこに売っているの?田舎のスーパーじゃ無理だよね、でも見たことがある記憶もあったようなないような…。
すごくすごくおいしかったので、粉末の昆布だしをほんの少しのお湯で溶いて、氷水で冷やしながら飲める濃さまでのばしたものを少しお塩とかで調味して、その中にお豆腐を入れて冷蔵庫でさらに冷やす、超お手軽レシピで食べてます。じゅんさいないけど。
夏も終わりだけれど、冷たいお椀の代わりにもなるしまだしばらくは作っちゃいそうです。一度くらいは!じゅんさい入れたいねえ!お取り寄せかな!!デパートとかにはあるかな。

魔の月、わりと9月までだらだら続く年も多いのでおいしいものを食べて吹き飛ばしつつ、吹き飛ばせなかった分もおいしいものを食べて自分を慰めつつがんばろう。

それでは。

☆★ 私のお店HAPPYのHPはこちら オススメやお花の写真、パリやフランスのニュースなど、楽しくやっています。 ぜひぜひこちらもあそびにきてくださいね!!
[PR]
by bonjourhappy | 2016-09-03 23:56 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)