「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

こんにちは!

もうお店のお庭にとんぼが飛んでいて、「もう秋が来ているのね・・・」なんてことはとてもじゃないけれども思えず、あなたたち大丈夫なの、こんな早くから出てきちゃって生きていけるの、と彼らの心配をしています。


さて。


 17年ぶりに再演されている「朝日のような夕日をつれて2014」を観ました。第三舞台は常に私の真ん中にいるような存在で、今私がしている仕事や趣味など色々なことのきっかけを遡っていくと必ず影響を受けています。


 もう第三舞台は解散してしまったし、97年版を劇場で見た時の興奮を思い出すとあれでやりきったのではないかと思っていたので、再演の情報が出た時には本当に驚きました。何のご褒美なんだ!と思わずパソコンに向かっていた椅子から立ち上がったくらい。今37歳の私たちの年代が高校生くらいだった頃小劇場も全盛で、第三舞台は憧れで。97年度版を観たとき友達と「間に合った、って感じがするよね、舞台で生で見られる時期にギリギリ間に合った、って」と話したのを覚えています。あの97年が観られたというのもそのくらいご褒美感が満載だったのに、35も過ぎてまた観られるなんて。再演することに対して「大丈夫かな」と思うことがない代わりに、私は今あの舞台を見てどういうことを思うんだろう、という気持ちがあって、それは不安に似ていました。


 ロビーで恒例の「ごあいさつ」をまるで自分に宛てられた手紙のような気持ちで読み、客席に座って、そして「朝日のような夕日をつれて 僕は立ち続ける」と最初の群唱がはじまった時97年のあの興奮を追体験するのと同時に自分の17年間を思い浮かべました。色々あったなあ、でも今また始まったんだなあ、すごいなあ、と。小須田さんも大高さんもスーツ姿で踊る姿がかっこよくてきゅんとし、ギャグに大笑いし、このシーン懐かしい!とちょっと思考がとまったとたんの早い展開に混乱して。


 客席の灯りがついたとき皆同じように興奮した顔つきだったのが嬉しく、帰り道一人の人はなんとか頭で整理しようとぱんぱんになっていて、誰かと来ている人はそれを口に出して整理しようと物凄いスピードで喋っていたのを見て、見る前に感じた不安が消えていることに気が付きました。混乱はしているけど、今、今の「朝日」をちゃんと感じることができた、と。


a0110441_16582189.jpg
ポスターの写真を撮ったりもしたんだけれど、やっぱりごあいさつを読むとああ第三舞台を見に来た、鴻上さんのお芝居を見に来た、って気持ちになります。ロビーも、いつもと同じなようで違う、ちょっと緊張感が漂ってる感じだった。

せっかくなので、群唱を全部載せておこう

朝日のような夕日をつれて

ぼくは立ち続ける

つなぎあうこともなく

流れあうこともなく

きらめく恒星のように

立ち続けることは苦しいから

立ち続けることは楽しいから

朝日のような夕日をつれて

ぼくはひとり

ひとりでは耐えられないから

ひとりでは何もできないから

ひとりであることを認めあうことは

たくさんの人と手をつなぐことだから

たくさんの人と手をつなぐことは

とても悲しいことだから

朝日のような夕日をつれて

冬空の流星のように

ぼくは ひとり


[PR]
by bonjourhappy | 2014-08-24 17:02 | Trackback | Comments(0)

壁に飾る

こんにちは!!

今日からお花のお教室がはじまりました。せっかくなので、HPのほうに載せた写真とはちがうものを。
a0110441_17594725.jpg
お花のアレンジメントの仕方も少し変えてあります。ひまわりの位置が違うので解りやすいのではないでしょうか。
今日はお稽古に来られない生徒さんがいらっしゃって、私が代わりに作ったものを引き取りにきていただいたので見本とお渡しするものと2つ続けて作りました。

この壁に飾るアレンジを課題にするにあたって、生徒さんにも途中途中で飾って確認をしてもらいたいなと思っていたんですけど、フックを壁に付けるのはかなり勇気がいりますよね・・・。
そのときに、部屋にポケットを飾ろうと思って買ったこのコマンドタブの、シートがまだ残ってるのを思い出して昨日100均でふつうの壁に貼るフックを買ってきました。
フックの両面テープをはがし、かわりにコマンドタブを貼って、外せるフックができたーーーー!!
お花を飾っても、びくともしません。
その都度つけるってことは、そのつけたい(今回はこのアイアンバスケットとか)ものの幅にきっちり合わせられるってことで、そこもすごく便利。こういうものって、2点か3点でがしっと支えたいし。
おうちで何かを飾ることの、いきなり可能性が広がりました。ちっちゃい棚をそのままつけちゃってもいいと思うの。
イベントの時の「ここに・・・ここにフックがあったら・・・」っていう困りごともいきなり解決ですね。
本当にいいものができたよ~。
生徒さんにも、この感動を伝えていたのですが半分くらいの生徒さんはご存知でした。さすが。

それでは!!

☆★ 私のお店HAPPYのHPはこちら オススメやお花の写真、パリやフランスのニュースなど、楽しくやっています。 ぜひぜひこちらもあそびにきてくださいね!!
[PR]
by bonjourhappy | 2014-08-21 18:12 | お花の教室 | Trackback | Comments(0)

あめあがり

こんにちは~。なんで本屋さんのおじさんは雨が降っているときにかならず本を持ってくるの・・・

a0110441_15482637.jpg

濡れちゃうからいいから!晴れたらにして!!って言っているんだけど、えへへへとか言って持ってくる(笑)もうおじいちゃんだから全部自分の都合なんだね・・・いろいろ面白いからいいけど。

芥川賞を取ったので、という理由で本を読むの久しぶりだなあ。BLばっかり最近読んでいたので、一般文芸も久しぶり。

文学賞メッタ切りで解説されていたすごく楽しみなシーンがあって、早くそこを読みたいなあと思いつつ。


さっきざあっと雨が降ってきて、その降り方がかなり派手だったので朝は確かに空は重たそうだったけど本当に降るとはとしばしぼんやりとしてしまった。派手な雨はすぐにやんで、ころたんに「雨やみましたね少しおんもに出ましょうか」と提案という名のおねだりをされたのでちょこっと外に出てみた。

 サンダルを履いている日に限って水溜りにはまるのは何かの罠なのか。子供の頃は自ら突進していって靴の中をぐじゅぐじゅにさせるのが快感だったりしたけど、今となっては残念な気持ちと不快さしか残らないのに、今はうっかり飛び込んで行ってしまう。もしかしたら、サンダルを履いているからはまったことに気が付いているだけで、普通の靴を履いているときももしかしたらと今思った。あの、不自然な靴下の汚れはそういうことなのかもしれない。

 とすると、私は水溜りをよけられない人、ということになる。見えてないわけじゃない。あそこにあるなあと思っているのに、そこに来るともっとむこうのあそこにあるなあが気になってしまって、足元のことを忘れてしまうんだと思う。だからいちいちびっくりする。スーパーマリオで、あそこは穴が開いてるなって思ってるのにジャンプ失敗して落ちるみたいなものか、頭に浮かび、そういえば私はスーパーマリオも苦手でいつも落ちて嘘っとびっくりしていた。全てつながっている。


そんなころたんは冒険中

a0110441_15481518.jpg
気になることでもあるのかしら。


それではー


[PR]
by bonjourhappy | 2014-08-14 16:05 | Trackback | Comments(0)

一年に一度

こんにちは~。
最近、水出しのお茶を日替わりでジャスミン茶にしたり蓮茶にしたり緑茶にしたりしながら作っているのですが、今日はミント紅茶にしようと思ってお店の庭へミントを摘みに行ったところにざあっと雨に降られ、何か私反省すべきことがあるのかしら、と胸に手を当てたくなりました。

さて、ここ何日かそれなりの量の文章をブログで書く練習をしていて、それゆえいまいち情報がなくてつまんなくてすみません。


季節限定だからか、一年に一度の贅沢として自分に許可しているものがいくつかあります。
銀座千疋屋のマロンパフェ、ピーチパフェ
和光のチョコレートパフェ(これは一年じゅうあるけど
パフェばっかだな

それと

a0110441_11243245.jpg
とらやのかき氷。

銀座まで出ようかと思ったんですけど、あまりに暑くてそんなとこまで歩いていけない・・・とぐったりしてしまって、帝国ホテルの地下のお店に行ってきました。
ミニサイズもあるけど、ここは普通の大きさで!!寒くなるかもという不安はお煎茶のセットで解消だ!!
見えてないですけど、下にあんこがたっぷり入っている宇治金時です。

おなかいっぱいになるかき氷。

好きなものをご飯の代わりにおなかいっぱい食べても怒られないって、大人になってよかったなあ。



[PR]
by bonjourhappy | 2014-08-12 11:36 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

歯医者さん

こんにちは~。台風、私が住んでるところはそんなに雨も風もひどくなく、さらに寝ている間に通り過ぎて行ってくれたので気持ちが楽でした。けがをした時からどうも風が怖くて。そんなに簡単に窓ガラスは割れないってわかってるんだけど、同時に突然割れるということも知っている・・・。


さて、歯医者さんに通い始めて早半年。ついに仮歯が一
個入った。半年前、すごく久しぶりに足を踏み入れるこ
とになった歯医者さんは色々進化していて、椅子の前に
大きなテレビがあったのにもびっくりしたし、そこに自
分の歯の写真が写ることにもびっくりしたし、治した歯
が、削って詰めた記憶はあるのに見た目に全然わからな
いことにもびっくりしたし、それでもあの神経が磨り減
るような音はどうにもならないということにもちょっと
びっくりした。以前に通ってた頃どんな治療をしてたの
かいまいち覚えてないけど、それにしたって「日進月歩」
という言葉がぴったりだな歯医者さん界は!と思った。

親知らずは4本抜いてしまうことになって、今のところ
2本抜いた。右の上と、下。上は見事だ・・・と感動す
るくらいにすぽんと一瞬で痛みもなく抜けて、終わった
後見せてもらったら自分が思っていたのよりも何倍も長
くて大きかったのと、よく見る歯のイラストとおんなじ
形をしてたから妙な満足感があった。下は根本のほうが
ちょっと曲がっていたそうで、ぎゅいんぎゅいんと音も
すごかったし時間もかかったけど、先生が「抜けたら見
せてあげるからね!」と励ましてくれたのでがんばった。
たぶん、上を抜いたときに密かに感動してたのがばれて
たんだと思う。抜けたときに(終わった・・・)と呆然
としてしまって、帰り道歩いていて(あ、歯、見せても
らうの忘れた)と気が付いたけれど、冷静になるとそん
なに見たいものでもなかったなあ、どうしてあの時「そ
うか!見せてもらえるんだねがんばるよ!」って思った
のかわかんないわ、と、心のよりどころって、意外にタ
イミングでなんでもいいんだなってことがわかった。

治療中至近距離でお医者さんはプレッシャーが強く、痛
いのににこにこしたり、突然原因不明の恥ずかしさが込
み上げてきたり大変だったけど、今の病院は、椅子を倒
すと目隠しをしてくれるのでそれはありがたい。けれど
小心者なので口を開けるときにはどのくらい開けるのが
ベストなのか、口から指とか器具が全部出て行ったなっ
て気配を感じてからどのくらいしたら口を閉じてもいい
のか、まだまだ悩むところは多いんだけど。


☆★ 私のお店HAPPYのHPはこちら オススメやお花の写真、パリやフランスのニュースなど、楽しくやっています。 ぜひぜひこちらもあそびにきてくださいね!!
[PR]
by bonjourhappy | 2014-08-11 16:49 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

なつやすみ

こんにちは~。

お店の近くにドミノピザができて、そういえば食べたことがなかったドミノピザ・・・と思いを馳せつつ前を通ってみたところ、テイクアウトなら2枚目無料!の文字が目に飛び込んできていてもたってもいられなくなり、毎日HPを見たりしているのですが一緒に食べてくれる人がいないのでまた買いに行くことができずにいます。
60代&70代の両親しかいないし。昨日なんとなく友達に「食べたい」と言ってみたところ興味がなさそうだったし。
1枚だけでも20パー引きになるっていうし、そっちでいいにしようかなあ。1枚ならなんとかなると思うんだ。私は2日食べ続けてもいいし。
でもいろんなの食べたいじゃん・・・せっかくなんだからさあ・・・。

先週、フランス語の学校に行くために東京駅で降りたら、ものすごい人だし、ノースリーブのわんぱく男の子とか、おしゃれさんな女の子とかもたくさんいるし、ごまたまごとか東京ばななとかの売込みはすごいし、で、ああ夏休みなんだ!!と実感しました。
習い事をしていて、夏休みのおわりに発表会があったので私にとって夏休みはひたすら練習の思い出しかないんですけど、海とか山とかあんまり好きじゃないからそれでよかったのかもしれません。
お稽古は、小学生の頃から居残り制度があって今じゃ問題になるよねってくらい遅くの時間まで終わらなくて、終わって疲れ果てたところで0時も過ぎようかという時間にお姉さんやお兄さんたちと一緒にご飯を食べに行くんですけど、それもオトナになった気分で楽しかったです。でも、この真夜中ご飯は注意しなくてはならないポイントがあって。両手で持って食べられるもの(サンドイッチとか)を頼むと、つい寝ちゃったときに両手で持ってるとバランスが取れちゃうのでがくっと起きるってことがないんです。で、もっと運がいいとそのままテーブルの下までサンドイッチを持ったまま手が落っこちてしまって、するとお店のお姉さんが食べ終わったかと思ってお皿を下げてしまうのです。しばらくして起きた時には目の前にはお皿はなく、食べる気もしなくなったけど行き場もなくしたサンドイッチに途方に暮れるという・・・。で、隣りからは「残すんじゃない」とか怒られて、半泣きになりながら食べるっていう・・・(笑)これが、スプーンとかおはし、ナイフフォークを使って食べるものだと寝た時に「がくっ」ってするんでセーフなんですよ。真夜中の、眠い時にはドリアがおすすめです(いらない知識)。

おじいちゃんに連れて行ってもらった喫茶店で食べたパフェとか、親戚の家で初めてやったゲームでこてんぱんにされるとか。
人生ゲームでお金持ちになったり、大貧民で貧民を抜け出せなかったり、お稽古のお姉さんに宿題を教えてもらって、私も下の年齢の子に教えてあげたり。みんなで英語がわかんなかったり。高校生くらいになると両親がお店に働きに行ったことをいいことに補講をさぼる(そして寝ている。今帰ってきたといえるように一応制服を着て寝る)とか、塾の帰りにお祭りのたこ焼きを食べることを楽しみに1日頑張ったのに、塾が終わったころにはお祭りも終わっていて本当に泣く、とか。

夏休みの思い出がほぼすべてインドアなんで、血筋なのかも。

今の私にははっきりとした「夏休み」がないけれど、でもじわりじわりと肌で感じる夏休みはあります。
最近読むようになった小説のジャンルでは「なつやすみフェア」があって帯を集めて応募をしなくてはと張り切るし、お店に子どもとお父さんのペアが来てかき氷を食べているのを見ると私もなんだかわくわくします。夏祭りには出かけなくなったけれど、夏祭りの日に7時から花火が始まるのにまだこんなに明るくて大丈夫なんだろうかとお店を閉める時間にどきどきするのも毎年のことだし、そこから少しずつ早くなってくる夜にさみしくなったりほっとしたりするのも思い出してみたら去年もそうだった気がするって毎年思うし。

もう少ししたら終わっちゃいますねえ。夏休み。

もう宿題もなくなったからいいけどね。

[PR]
by bonjourhappy | 2014-08-09 16:15 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

桃たべまくり

こんにちは!

今年は冷夏だって言ったのに。私聞いたのに。
って、去年も言ってた気がするので冬の間の「でも、今年の夏は冷夏だよ!今頑張れば半年後はパラダイスだよ!」という甘い言葉はもう信じないことにします。

パリにいた間も平べったいもも(la pêche plate)を毎日食べていましたが
これね↓(一緒にグリーンレモンを買ったら、芋虫がついててお部屋で戦慄)
a0110441_14203401.jpg

先週くらいから私の家のほうでも桃がいよいよ旬を迎え、箱でいただいちゃったりして、また桃食べまくりの日々を過ごしています。

私のかわいいかわいい桃(本日分)
a0110441_14131795.jpg
昨日の分、アイスクリームと一緒にパフェみたいにして食べようかな、って思いながら味見をしたらとんでもないよ!!ってくらい甘かったので切っては食べ切っては食べしてしまい、パフェにするどころかお皿に盛ることさえしなかったよ・・・。
今日もこれから食べます。

小さい頃、桃は大好きなのに包丁で皮を剥かなくてはならないしなんかちくちくするし自分の手には負えない果物で、お母さんやお父さんに剥いてもらおうと冷蔵庫からそうっと取り出して家の中を徘徊してました。
いかにちくちくしないように持てるか研究を重ねてた記憶があります(笑)
私はよく熟した柔らかいのが好きなのに、父は若い固い桃が好きで、「あっ!お父さん!いた!剥いてよ剥いてよ桃剥いてよ」と勢い勇んでいくと「皮なんて剥かなくたってそのまま食べられるよ」と言われ、なんで!こんなちくちくするのに!!皮は食べられれないってお母さんは言ったのに!!あっ、行っちゃうのお父さん!わたしの、私の桃は・・・とがっくりしたものです。
あのちくちくが唇に刺さるかもしれないと思うととてもじゃないけどそのままがぶりと食べるなんてできなかった・・・。

自分で桃が剥けるようになった今も、父は固いほうが、私は柔らかいほうがという好みは変わらないので、私はじわじわと待っているのに食べられちゃったなんてこともあってもう大激怒。
「これは私の桃だって言ったのに」
「柔らかくなっちゃうから食べてあげたんだよ」
「柔らかいのが好きなのに」
「・・・(無言で退場)」
お互いに大人げなさすぎる諍いです。たぶん桃で和解を迎えることは一生ないね。

さて、最近は暑くて本当に予約でしか生花を扱っていないのでかわりにアートフラワーのアクセサリーとか作っています。
a0110441_14143483.jpg
おはなイヤリング。
今までも、婚礼など相談を受けてちょこちょこ作ってはいたのですが、ストックを持ってもいいかなと思い始めて。
お店が暇なときにぽつぽつぼちぼちとはじめています。最近暇だからできちゃったよ(笑)あとはポプリのサシェもできました。
結構買ってきてあったつもりだった小花も終わりかけてるのでまた仕入れてこなくては。

あ!そうだ!!ブログでも何度も取り上げたPierre Nineyが水曜日に日本に来ます!!
映画・イブサンローランのプロモで来日。公開は秋と聞いていたから、秋に来ないかな~って言ってたら夏に来てくれた。
日本でも人気が出るといいな~。日本を好きになって帰ってもらえたらうれしいな!!

それでは、また!

☆★ 私のお店HAPPYのHPはこちら オススメやお花の写真、パリやフランスのニュースなど、楽しくやっています。 ぜひぜひこちらもあそびにきてくださいね!!
[PR]
by bonjourhappy | 2014-08-04 14:46 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)