年が明けるまでには、これは書かなくてはいけないと思いながらも、いろいろと衝撃的すぎたのでどうしていいかわからず、今日までほっといたことがあります。

秋のパリへの旅行で、104(ソンキャトル)というところへ行ってきました。

104は、2008年10月にパリ市内にオープンした、総合芸術施設です。
解りやすい記事がOVNIにありました。→こちら

補足すると、104はアーティスト・イン・レジデンスという、選抜されたアーティストが一定の期間製作に専念できる場所や状態(環境?)をあたえられ、わりとそれはオープンなので、私たちがアーティストと出会ったりすることもできる(=アーティストとしてはパトロンを探すとか、パトロンが発掘するとか)方式をとっています。
日本でも、たとえばちょっと前まで横浜でbankARTというところがこの方式をとっていました。

実際に、アーティストに会える!!しかも、「今」の作品がみられる!!
確かに、どーんと大きい賞とって、有名な美術館に作品が・・・とかいうアーティストよりも今が伸びしろ、これからだー!というアーティストがステップアップを狙って応募してきて通過して、というほうが多いので、作品のレベルとかにばらつきもあるのですが、でも、すごくおもしろいシステムですよね。

で、行ってみようということになったんです。
カレンダーをみたら、ぽっかりと私たちが行く期間だけほぼなにもエクスポジションが行なわれていないことに一抹の不安を抱きつつ。

駅から、地図を見ながら(ほんとに合ってるのかな・・・こっちで・・・)と不安になるほど歩いてたどり着きました。
a0110441_23222251.jpga0110441_23223716.jpg


おぉ、あった!!なかなかかっこいい!!

しかし、

a0110441_23244594.jpg

誰もいない。
a0110441_2325915.jpg

休みじゃ、ないんですよ。


あああーーーーーまさかまさかのーーー!!と思いながらも、開いているところを探して(入場料が必要なところもあった)ぽつぽつと作品をみていきました。

とにかく広いので、ほんとに恵まれた環境。
しかも、なにもない故にまっさらな舞台のようなもので、あらゆる可能性の作品展示やパフォーマンスができそうな感じ。

そして、あるアトリエに入りました。
アーティストは残念ながら不在でしたが、お留守番のお兄さんがいました。
「何人?」
「日本人」
「フランス語、わかる?」
「ほんのちょっと」
「・・・・・・・・ちょっとまってて」
呼んできたのは、友達らしいお姉さん。
「彼女は、こないだ日本に行ってきたんだよ」
「へえ~日本語、わかるんですか?」
「いいえ」
「(えっ?!じゃぁ何のために呼んだの・・・)へ、へえ・・・日本は、どちらに行ったんですか?」
「京都はすばらしかったわ~。あと安全な国よね。地下鉄とか、みんなバカみたいな感じでへらっへらしてんのにスリにもあわないし」
「(若干馬鹿にされてる気がする)まぁ、そうですね」
「彼女は、英語が話せるからじゃぁフランス語と英語でプロジェクトの説明を・・・」

だけど、お姉さん、ほんっとにただの友達だったようで、お姉さんが全然プロジェクトを理解していないがために話が進まない。まだ私がお兄さんのフランス語で聞くほうがわかった(と思う)ので、友達にお兄さんの話してることをなんとか訳していると
「フランス語、結構解るんじゃん(←おにいさん)」
「あ、ありがとう」
「日本人は、解らなくてもわかったふりをするもんなのよ(←おねえさん)」
「日本人は、解らなくても「あーあー」ってわかったふりをするってー」
「えー(苦笑←友)」
なんだか、私たちというか日本人をバカにしてるおねえさん。
うう、もっとフランス語が出来たら文句のひとつも言ってやるのに、「わかってるよ、私」というのが精一杯だった。うう。

そんなこんなでプロジェクトの説明を聞いたところ、必要なくなった古い鍵をもっていくと、104のロゴがついた新しい鍵をくれる。古い鍵はアクリルの中に埋められ、さらに104の近くの道のどこかに埋められる。「確かに存在していた場所の証」とか言ってた気がする・・・。
私たちは当然のことながら鍵をもっていなかったので、おにいさんが「じゃあ君たちの鍵をつくってあげよう」と言って、ほんとは104のロゴを入れる新しい鍵に切込みを入れて私たちの鍵をつくってくれた。

a0110441_23403268.jpg

写真を撮って、どんな鍵だったか記憶したら、その鍵を「17」と書かれている箱の中に入れて(一箱が1パネルになるらしい)「ここのどっかに○月△日から埋まるから(←忘れたけど、結構近い日にちだった)、探してね。いつ帰るの?」「明日・・・」「えー!」「来年、がんばります・・・」
絶対無理だと思うけど。リストなくしたし(笑)

パリにいる方、この鍵、さがしてください(笑)。

それにしてもおにいさんはほんっとにまるっきり英語もだめだったようで、「17=セブンティーン」が言えなかった。フランス人だからフランス語は当たり前なんだけど、なんとなくアルファベットを使ってるんだから欧米の顔のひとたちはみんな英語実は話せるんでしょ?と思っていた私は衝撃をうける。同時に「お互いがんばろう!」と握手したくなった(笑・しなかったけど)。

そんなこんなでアトリエを出る(あのおねえさん絶対日本人馬鹿にしてるよね!マギュホーって、まぐろだってちゃんと言えないくせに!!と出てから言えなかった文句噴出)と、黒い服を着たスタッフのお姉さんに声をかけられた。
「もし、あなたたちがよければでいいんだけれど、これから、104が出来るまでビデオや写真をとっていたアーティストのお部屋にいくの。一緒に行きたいなら連れて行ってあげるわ」
実は1回で聞き取れなくて、「すみません、もうすこしゆっくり話してもらえますか?」と言ったら
「じ ゅー  ぶーーー ぶぅーーーーー」とものすごくゆっくりになってしまい、自分でお願いして置きながら笑ってしまった。おねえさんごめんなさい。
「何分くらいかかるの?」
「あなたたちがいたいだけでいいのよ、5分でも、30分でも、1時間でも」
「フランス語、こんな感じでしかわかんないんですけど」
「でも、彼女は英語も・・・スペイン語もできるから大丈夫よ!」

どうして、どっからどうみてもアジアな私に、スペイン語も出来るから大丈夫だというのか不明。

でも、「じゃ、おねがいします」とくっついていってしまった(!!)
他には年配の夫婦がひとくみと、もう一組カップルが。

階段をのぼっているとき、夫婦の奥さんのほうが「まあ、外に花を植えているのね」と言ったら「そうなんです。花の壁のようにしたくて、いろいろな種類の植物を植えています。日当たりが悪くて、ムラもあるので、鏡をつるして日光が満遍なく当るように工夫をしています」と言っていたけど、それって効果あるんだろうか・・・。日本でお庭で鏡くるくるっていったら、ネコよけだけど・・・と思ったけど、やっぱりそれも言えなかった(修行しよう)。

小学校の教室よりも少し大きいかなぁくらいのお部屋に入り、ぱたん、と扉がしまったところで、アーティストの女性が立ち上がり、こういいました。

「私からは特に話すことはありません。そこに今までの作品集やレジュメがあるので、それを見て質問があったらおっしゃってください。お答えします」

「だってけど・・・ないよね・・・・(小声←私)」
「ないよね・・・・・(小声←友)」

しかも、連れてきてくれたお姉さんとアーティストの女性があきらかに私たちのことでもめている(笑)「あのこっち、なに?」「来たいっていうのでー。終わったら呼んでください」「いやよ!ここにいてよ!言葉はわかるの?」「英語もちょっとわかるって言ってますけどー」「そう、なんで来たの?」・・・・こんなかんじ・・・。

その間耳をそばだてつつ作品を見たけれどやっぱり聞くこともないので、「帰ろう・・・早く帰ろう・・・」と、おねえさんのところに行き「ごめんなさい、やっぱり時間がもうなくて・・・(明らかに嘘)」と言って、私たちだけはやく帰らせてもらった。

おねえさんごめんなさい。

またまたそんなこんなでアトリエを出て、声をかけられないようにきをつけつつ(笑)館内散策。

なんにも、できてないんですよ。

a0110441_033558.jpg


a0110441_03556.jpg


a0110441_041920.jpg



ここには「庭」が出来る予定らしい。まだ、バケツやら植えられるらしい植物やらがどーーーっとおいてあるだけ。

ちなみに
a0110441_051361.jpg



ここには、カフェができるらしい(笑)レストランは、2009年春オープン!!と書いてあった。

何故、オープンしたんだろう・・・?という疑問すらわいてくるできてなさっぷり。
しかも、あれだけ日本語がダメな環境にあるにもかかわらず、なぜかトイレには「化粧室」と表記があった。一体何故。本当に何故。一応日本人も呼ぼうってターゲットに入っているのだろうか。
2年後くらいには、楽しい場所になっているかもしれません(笑)
どういうふうに変化していくのか、楽しみでもあります。

ただ、また行くときには、もっとフランス語を勉強して、言いたいことがもっと言えるようになっていたいと思います。

104、オススメです(笑)。
[PR]
by bonjourhappy | 2008-12-30 00:10 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

ジュリー!!

a0110441_22225021.jpg

NHKでジュリー祭り放送中!
TOKIOきたっ!!

サイコー!!
[PR]
by bonjourhappy | 2008-12-27 22:22 | おみせのまいにち | Trackback | Comments(0)

お正月オムライス

a0110441_11352645.jpg

a0110441_1135269.jpg

こんにちは!

急に寒くなりましたねえ。
寒いのは嫌ですけれども(だけど私は暑いほうが嫌い。だって脱ぐには限界があるし)、でも、このくらい寒くなってやっと冬ならではのわくわく感が出てきます。
雪降るかなーとか。
こたつでアイスの愉しみとか。

身体だけは大切に、風邪などひかないように気を付けてお正月をお迎えしたいものです。

お正月といえば、クリスマスも終わり、超特急でホテルのほうもお正月に飾り付けをチェンジしてきました。お店のほうはもう少しのんびり、ゆるく、これはもうちょい飾っておきたいねえ、なんてものは残したり。入り口はシンプルなリースを大高先生のレッスンで作ったのでそれを飾っていたのですが、その真ん中に市場で一目惚れして買った「獅子舞飾り」を付けてお正月にチェーンジ(じゃん←写真)。

よし。←満足

お店の中も、アレンジをお正月のものにかえたり、千両とか南天とか菊とか年の瀬ムードです。
いつも来てくださるお客さまたちとよいお年を、とごあいさつしたり。

なんだかお正月きぶんが盛り上がっちゃったので、お昼ごはんにつくったオムライスに正月って書いてみた。

書いてから、さすがに気が早いと思いました。

でも年の瀬、じゃ字数も画数も多いし。
あ、師走でもよかったかなー。
[PR]
by bonjourhappy | 2008-12-27 11:35 | おみせのまいにち | Trackback | Comments(0)

a0110441_1591763.jpg

こんにちは!

お店にも荷物が届くことは多いのですがさらに隣がドコモさんなので、毎日いろんな運送会社のトラックきます。

今日気がついた!

クロネコちゃんもクリスマス!
サンタさんのぼうしをかぶってるー!!

今日はちょっと待ってる荷物があったのでトラックが来るのをちらちら見ながら待ってて、トラック来た!あれっ?!あれはなに?!と気が付いて、写真撮りたい!でもちょっと恥ずかしい!
携帯片手にサインして、お兄さんが荷物の方へ行って荷台の影に隠れたのを確認してから、ダッシュで飛び出しぱしっと撮って何食わぬ顔をしてお店に戻りました。

何やってんだか。



皆さん、気が付いていましたか?
まさか、あのクロネコのお兄さんが自発的にやっているわけじゃないだろうし……。

見つけたら、いいことあるかも♪(ものすごくいい加減なことを言ってみる)
いや、でもほんとにそんな気持ちで発見したときは嬉しかったです。

赤ちゃんクロネコちゃんはぼうしをかぶったらお母さんの顔が隠れちゃうからかぶれなかったのかな……。
なんとなく、お母さんがかぶってるっていうのがいろいろと想像すると面白い。
お母さん、サンタはお母さんなの……?
と赤ちゃんは密かにショックなのでは、とか、
クリスマス気分を盛り上げるのよ!これをかぶるのよ!と持ってきたけど、赤ちゃんに無下に断られてがっくりだけど、ならいい!お母さんだけかぶるわよ!(←半ば逆ギレ)と雰囲気わるくなってるんじゃ、とか。

メリークリスマス!
明日はイブですねえ。
[PR]
by bonjourhappy | 2008-12-23 15:09 | おみせのまいにち | Trackback | Comments(0)

営業部長さんのお給料

こんばんは~。

なんとなく、師走!走るぜ!お坊さんじゃないけどね!!という雰囲気に乗ってきました。
喫茶店の予約のご相談も、「決算報告」とか「活動報告」とかおぉ年末という単語がたくさん出てきて、12月だなぁという感じ。
お花のほうも、「パーティーで・・・」と数をたくさんの注文をいただいたり、おぉ年末!です。

ダッシュ!したら、ぜひぜひ一息つきにコーヒーを飲みにいらしてください。

今日は何杯くらいコーヒーいれたかなぁ。50杯はいったな。

忙しかった日は、一応「営業部長」ころたんの功績(入り口に座って呼び込みをした)ということで、お店からおうちへと帰るときにお父さんからおやつをひとつもらえます(歩合制?)。
でも、暇だった日も「ころくん、まぁ明日がんばってくれたまえ」と、激励のおやつをひとつもらえます(日当?)。

結局、帰るときにころたんはおやつをひとつもらいます(笑)。

今日は「大入り」のほうのおやつでした。よかったねぇ、ころたん。そして、両親も(笑)。

家に帰ってきてから、ターシャ・テューダーのドキュメントのテレビを見ました。
あの突き抜けた感じ、意志の強さと自由な心。
「働く」ことと「楽しむ」こと。

誤解を恐れずに言うならば、あのお庭をつくるのに、莫大なお金がかかっているはずで、お洋服の生地もそれはそれはとてもよいものだというのがテレビで見てもわかって、ターシャは以前自分のことを「商業美術家」と言っていたと思うんだけれど、意志の強さによってすきなことを「仕事」にして、本当の意味で「仕事」にしてお金を稼いで糧にして、人生を、生活を「楽しんで」いたんだなあ、と思いました。それにはものすごくものすごく体力も気力も知力も必要だから、90歳以上まで生きて、好きなことが死ぬまでできたんだな、きっと。自然を相手にする強さは、きっとあらゆる方向に強いに違いない。

あそこまで突き抜ける(他にもっと言いようがないのか、と思うけれど、他にしっくり来る言葉がみつからない)ことができなければ、だめなんだなあ。自分がいいと思うことを信じて。誰がなんと言おうと気にせず。

「あまりに子どもたちのために一所懸命だったから、夫だった人はすねてしまったのね」

という一言がツボだった(笑)「夫だった人」!!

ニュアンス的な文章で、一語一句こういってたわけではないのですが
「他の人のことなど気にせず、自分がこうなりたい、こうしたいと思い続けて日々生きれば、必ず思いも寄らない成功がある。これこそ真実」

よし。
[PR]
by bonjourhappy | 2008-12-20 23:17 | おみせのまいにち | Trackback | Comments(0)

年末、着々と。

今日は、お昼にマーブルデザインラボさんの新しい事務所におじゃまして、忘年会でした!
メンバーはnaneaのナナさんと、ミチルさん、ecooの多田さん。
仕事があって1時間以上遅れて(しかも得意の方向音痴大発揮)しまったのですが、ドアを開けてもらったとたんにものすごくものすごくいいにおいが!!

豆乳鍋!!

キャー。おなかすいた!おなかすいた!!

あいかわらず、ああいった場所で「なにもしない」私・・・。お鍋はよそってもらうわ(しかもてんこ盛り)、お茶はついでもらうわ、遅れてきたにもかかわらず全部やってもらい、おいしいですおいしいです(おっきいほたてとか)ともりもり食べてしまった(恥)。

妄想度のものすごく高い話をしたり、仕事のことを話したり、夢を話したり。
ほんとにみなさんとの会話は刺激的。

なんかやりたくなっちゃう。こうしちゃいられないとうずうずしちゃう。そんな感じで。

クリスマスプレゼントの交換で、ぽん酢をいただきました!
もういっそのこと毎日鍋と決めてしまったらどうだ、というくらいに鍋が多い我が家。
楽しみです・・・。ぽん酢・・・。おひたしにかけたりしてもおいしいし。

さいごは、おいしいケーキまで。
a0110441_2405227.jpg


豆乳鍋、おうちでもやろうっと。キムチのもとがはいって、ほんとにおいしかった・・・。

うずうずは、ちょっと前からはじまってまして(そして今日火がつく)
とりあえず、お正月のアレンジを毎年決まったお客様からの予約ばっかりだったけど、ちょっと宣伝してみようかと思い、喫茶店のテーブルの上にポップをおいてみようかな、と思って。

それで、作ったのがこれ



あちらでも少し書いていますが、今年パリですっごくかわいいお店をギャラリーヴィヴィエンヌの中でみつけました。
その中でも繊細に作られたアートフラワーに、手漉きの和紙のようなカードがついていて、うしろにはワイヤーがついていて、それだけで立つカードがあって。
うおおおおおこれはすごい!と。カードの持つ雰囲気もものすごくかわいくて、しかも機能的。
しっかり買って帰ってきました。

それをヒントに、もうちょっと頑丈で、もうちょっと手軽で、もうちょっとポップで。
そんなの、つくってみようじゃないか!と、作ってみました。

今、テーブルの上にはこの倍の大きさで作ったカードに「お正月アレンジ~」と書いたものが載っています。2枚、3枚、4枚・・・と何枚も書いているうちになんだか派手になってきてしまい、結局何が言いたいんだみたいなものになっちゃった(意味なく賀正!とか書いてある)のもあるけど、必ず見ないと座れないように真ん中に置いたりして(そしてそっとどかされるのを見て、あぁっ!と密かに心が折れたりして)います。

アトリエのほうにも投票をお願いします!やる気が出ます!!
また、パリのかわいいもの、という倶楽部の部長もしています。
動画やリンクなどあります。1度覗いてみてくださいね。

a0110441_2395479.jpg


a0110441_240580.jpg


去年はこんな感じでつくっていました。5000円でこんな感じです(店頭受け渡しの場合)。
フレッシュフラワーは1000円から、プリザーブド(&ドライ・アート)フラワーは1500円からご用意しています。フレッシュフラワーに関しては26日午後から30日午後までのお受け渡し期間のみでの販売となります。
もちろん全国への発送もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
但し年末・年始に関しましては交通の事情によりご希望に添えない時間帯などになってしまう可能性もございますので、ご了承くださいませ。

今年は赤い花器をたくさん買いました。
しかも日本ぽい、ちょっと朱が入った赤なんですよ~。これにしゅっと!きゅっと!お花を生けたらかっこいいだろうな、とわくわくします。

では、また。
[PR]
by bonjourhappy | 2008-12-17 02:50 | おみせのまいにち | Trackback | Comments(0)

あたった!

a0110441_037694.jpg

ハッピーお花やさんチーム忘年会にて牛角に来ました。

アイスあたっちゃった!(妙な強運を持つ女)

食べたぜ!やきにくー!

そのあとカラオケに連れてってもらい、こないだのジュリーのコンサートに仕事で行けなかったうっぷんをはらすべく、本人映像でTOKIOと勝手にしやがれを全力で歌いました。
ジュリー大好き。
せめて、ドームのDVDは買おう。

♪あああーあああーああああーあーあああー←もちろん振り付き
[PR]
by bonjourhappy | 2008-12-14 00:37 | おみせのまいにち | Trackback | Comments(0)

ぬくもり

よいしょ(画像アップするぞの心の掛け声)

a0110441_23305187.jpg


うっとり。

にこにこ。

・・・・・・・・・・・わたしがつくったんじゃ、ないみたい(笑)。




日曜日、フランス語の学校で同じクラスのNさんが作品展を見に来てくださって、さらにプレゼントまでいただいてしまったのでお礼にリースをつくりました。
そしたら、写真家でいらっしゃるというご主人さまがこんなにすてきにお写真を撮ってくださったんです!!


すごいーーーープロってすごいーーーーーー!!


結婚式のしごとをしていることもあって、プロのカメラマンさんが撮った私のお花の写真というものを見る機会がたまにあるのですが、そのたびに思うのは、プロってすごいな・・・ということ。

「案外ねぇ、自分のことは自分がいちばんわかってないもんなんだよ」

と、人に対しても言うことではあるけれど、このアレンジ、こっから見るとすごいかわいいじゃん!とか、このブーケ、この角度さいこう!!とかだけではなくて、へぇ、こんなふうに見えるんだと自分で作っておきながら写真を見てびっくりすることがあります(笑)

思った以上に、ノスタルジックだったり。
思った以上に、ドラマチックだったり。
意外に、ファニーだったり。




撮っていただいたリースの写真をみながら、あったかそうだなぁ・・・とほっこりと、じんわりと、ぬくぬくと、うっとりしてしまった私。
木のボタンをくっつけたり、ブラウンのコットンツリーをつかったり、なんとなくこう・・・ぬくもりのある感じで・・・と思いながら作っていましたが、こんなにあったかなものにしてくださるなんて。
圧倒的な幸福感が(<Nさんのおうち、ということではなくて、いや、Nさんちもそうなのかもですが>このおうちはクリスマスには七面鳥をやいたり、うたをうたったり、お父さんとお母さんと子どもと、みんなたのしいねってにこにこ過ごすにちがいないというような)そこにはある気がして。

写真の力ってすごいなあって、やっぱり今日も思ってしまうのでした。

かざろうっと。現像してお店に。
見たら無条件に幸せになれる写真だ。

ありがとうございました!!うれしいです~!!
[PR]
by bonjourhappy | 2008-12-11 23:42 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

……ラブ。

a0110441_14505174.jpg

昨日友達から、湯たんぽをいただいちゃいました。

マトちゃんの。

かーわいー……(きゅん)。

湯たんぽ、おばあちゃんが使ってたなあ。金物のやつ。直火にかけてお湯を沸かしてたような気がする…。違ったかも。もう25年くらい前の話。

最近またブームが来つつある、って聞いていたけど。

早速使ってみました!
中は、おばあちゃんのとは違ってゴムの水枕みたいなやつ。このぷにぷに感とマトちゃんのやわらかさで気持ちいー!!
大きさもちょうどよくて、肩が熱くなったら腰のほう……とか動かしやすくてとても使いやすかった。

そのたびにつぶされ「ぐえっ」となっているであろうマトちゃんを思うと不憫だけれども。
まあ私のために頑張ってくれたまえ(偉そう)。

朝起きたら、なんか肩が軽い!血行がよくなったらしい。

お母さんに買ってあげようかな。

オススメです。湯たんぽ。
[PR]
by bonjourhappy | 2008-12-08 14:50 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

できました~!!

naneaのナナさんがさっそくいらしてくださって、こんなにすてきにブログにのせてくださったので、ありがたいやらうれしいやらたくさんお写真を撮ってもらって照れちゃうやら、うれしいです。

お花、つくってきました!!

こんな感じにできました。
a0110441_22502410.jpg


あいかわらず動物がいる、私の作品です(どういうわけだか気づくと入れている・笑)。
だってかわいいキャンドル見つけちゃったんだもん。水曜日に!(え!!)

a0110441_2254670.jpg

こないだいってきたばっかりだからか、
パリで買ってきたの?と聞かれましたが、
浅草橋で仕入れしているときに見つけました(笑)
ちなみにお店で取り扱ってます(ちょこっとだけ)。



a0110441_2255595.jpg





かくれてるのもいます。



最初は金色のカップのキャンドルだけを入れようと思っていたのですが、こんなかわいいのみつけちゃったら入れないわけにはいきません。
そのおかげでなんとなく物語性みたいなものができたので、結果OKだったかなぁ、と。

今日は仕事があって帰らなくてはならなくなってしまい、まだ本格的に飾られる前にアトリエを出てしまったのですが、そんな中でも他の生徒の皆さんや、先生の作品を見てかわいい!!すてき!!ともうきゅんきゅんしちゃいました。だーーーっておいてあるだけなのに!!

明日、またアトリエに行くのがたのしみです。
[PR]
by bonjourhappy | 2008-12-06 23:00 | おはなやさん | Trackback | Comments(0)