きらきらのお菓子

こんばんは~。

ホテルのお花製作部屋ではインスタントコーヒーしか飲めなくて(着替えてラウンジに飲みに行くわけにもいかないし)、それはそれでおいしいなとか思いながら飲んでるのですが、やっぱり、お店に帰ってきて自分が入れたコーヒーを飲むとしみじみと「おいしいな・・・」と思います。でも、そのワンステップがどうしても・・・ってときもあるし、どっちもいいな~。今日、エスプレッソのインスタントを発見しました。こんど買ってみよう。それでカフェオレにしたらおいしそう!牛乳ホテルに持って行って朝いちばんはカフェオレだ!

先週の土曜日に日経プラスワンを読んでいたら、お花を生けるときにサイダーを入れておくとお花がながもちするって書いてあったんですけど、やってみようかなあ・・・(おさえきれない好奇心)。
昔から10円玉をいれておくといいとか、漂白剤をいれておくといいとか、いろいろありましたよね。
私は素直に延命剤を使っていますが・・・・・・

あ、でも最近は本当にお花の質がよくなってきて、延命剤をいれるのもお花をながもちさせるというよりお水を腐らせないという意味とか期待のがおっきいかも(バクテリアの繁殖を防ぐので)。

というのは、ディスプレイなどでのお花の場合お水を簡単に替えることが出来ないので、どうしても吸い上げてすくなくなったところに足して足して・・・というふうになるのです。そのときに先に入れていったお水が腐っていかないように延命剤をいれていきます。
普通にお水を毎日変えられる状況であれば、お水だけでも一週間くらいはバラなどでもきれいです。

それでも夏になると、どうしても長持ちはなかなか期待できなくなりますよね。

・グリーンや雑貨などを上手に使って
・まいにちお水を替えて水切りもして
・あんまり温度変化のないようにする

と、それでもだいぶ違うと思います。

ハランとかドラセナとかモンステラとか、なかなか枯れないグリーンをうまく使ってそれにプラスしてちょこっとお花を入れたりとか。グリーンがあると涼しげだし。

と、珍しく花屋っぽいことを書いてみました。



このまま夏になるんだねえ、という最近のお天気ですけれど、その前に梅雨があるんですよね!
危うく忘れそうになるんですけれど、もう梅雨入りしたところもあるみたいだしもうすぐ6月だし。

今日は、とらやさんで雨が待ち遠しくなっちゃいそうなお菓子をみつけました。

a0110441_2382667.jpg


「あじさい」だそうです。

きらきらしてる!!

そうだ、あじさいがきれいな頃って雨が降ってね~って、はやくそんなきれいなあじさいが見たいなっておもっちゃうような、きらきら、きれいなお菓子。
思わず立ち止まって見惚れてるうちにどうしても母に見せたくなり、一緒に食べようと思って買っちゃいました。

日本の侘び寂びの文化の中には、やっぱり宇宙がすっぽり入っています。

うちのお母さんが高校生の頃、おじいちゃん(母の父)に「虎屋にいって羊羹を買ってきて」とお使いに出され「やらとはあるのにとらやはないなぁ・・・」と思いながら銀座の大通りをなん往復もしたことがあったらしい(笑)気付け!!母!!小学生か!!母!!

という私も、今日初めて十把一絡げは十羽ひとから揚げではないということに気がつきました・・・。

母の娘です。
[PR]
トラックバックURL : http://hpcontente.exblog.jp/tb/8296468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by なおこ at 2009-05-22 15:56 x
お役立ち情報有難うございます!やっぱり水を腐らせないように毎日替えるのが一番なんですね。あと、温度変化気をつけてみます。それにしても、サイダーって、無糖の炭酸水のことですか?
Commented by bonjourhappy at 2009-05-25 07:34
おはようございます~
お水を毎日変えて、そのときに少し下を切って切り口を新しくするだけでも結構違います。
サイダー、たぶんふつうの甘いサイダーだったと思います・・・今日は久しぶりに本店へ戻るのでもう一回みてみます!!
by bonjourhappy | 2009-05-19 23:15 | おはなやさん | Trackback | Comments(2)