暑い日がきたなら

こんばんは!

昨日は朝起きたときから(なんとなく、前の日までとは違う)と感じるくらいのあったかさで、冬物を着ることにもう飽きちゃって風が強くてすっごく寒いのになぜか春物ジャケットの下は半袖(そして会う人会う人に寒くないの?と聞かれ、寒いですと答える)の私にぴったりの陽気が来た!うれしい!!とオレンジ色のスカートを履きたかったが見つからず(ええ、まだちゃんと衣替えをしてませんで・・・たんすからちびちびだしてきてはそれを着る)、結局一年中着れるワンピースにスカートは見つからなかったけれども代わりに発見した半袖のサマーセーター(サマー?)を着て、上着を着て、出かけました。

最初はお店に行って仕事をして、電車に乗って東京ヘ行って11時半からは生け花のお稽古、そのあと資材の仕入れに行って、最後にフランス語の学校、というまたもくるくる日。

資材の仕入れをしてからフランス語まで時間があったので、お茶をしよう!とaux bacchanalesへ。

そこで頼むのはもちろん!

コーヒー?

いや!

紅茶?

ノー!

a0110441_20445957.jpg

ディアボロマント。
ミントシロップをレモネードで割ったものです。

a0110441_20463961.jpg

あまりにおいしそうでついつい頼んでしまったいちごのタルトと一緒に・・・
コップにミントシロップが注がれた状態でサーブされ、自分でレモネードを注いでかき混ぜて飲みます。
オーバカナルのお兄さんは親切なので注いでくれます。



私がちょこっとだけパリに住んでいたあの年、パリは記録的な猛暑でした。
なんでなのかは解らないのだけれど、未だにフランスでは「アイスコーヒー」とか「アイスティー」がカフェにあんまりありません(最近はスタバとか出来てきて、また少しずつ変化してるかなと思うけど)。

オレンジジュースはジュドホーンジュ、でも濃くてすっぱくて余計のどが渇きそう。
かといってオホンジュプレッセ(オレンジ果汁、水割り)って気分でもなく(下手すりゃぬるい←地獄)。

暑いよう・・・と思いながらあっついコーヒーをちびちびと飲みながら目に飛び込んできたみどりいろの飲み物。
メロンソーダだ!!と思いました。
でも、メロンソーダっぽいメニューなんてないんです。ううむ。
まだフランス語も全然話せなかったので聞くことも出来ず、部屋に帰って持ってきたガイドブックを広げて調べてみたところ

ディアボロマントっていうのに似てたな、あれ。と思って。
次の日カフェで頼んでみました。

おーーーーーーいしーーーーーーーーーーい!!!!

甘いのに、ミントで口の中がすっとして、炭酸がしゅわしゅわってして。
私が望んでいたのは、飲みたかったのはこれだ!!と感動して、毎日毎日暑いし、それからかなりの確立でディアボロマントを頼んでいました。
そのころ、ミントシロップを「レモネード」で割っているとは知らずただのソーダで割っているんだと思っていて、あるカフェで「マンタロー(ミントシロップ、水割り)はあるのにディアボロマントがない・・・ペリエはあるのになんでかなー?あ、自分で言うのかな?と「ペリエに、ミントシロップ足してください」って言ったら(フランス語、かなり上達したんだね・・・あの日からね・・・)ギャルソンのお兄さんに「え?」と言われ、通じてないのかと思ってもう一回言ったら「まあ、いいけど・・・」と持ってきてくれたのは、確かに味が薄かった。しかもミントシロップはサービスで入れてくれたらしい・・・言ってみるもんよね。知らなかったとはいえ。

明らかにからだに悪そうな色、でもおいしい。禁断の味です。

たまにどうしても飲みたくなって、あるところを探して入ります。それで、今年は行けるかなパリ、とかぼんやりして。

a0110441_2164877.jpg

去年のパリ旅行のときにマドレーヌのフォションで飲んだ、たまには違うのにしようかなってことでディアボロフレーズ(いちごシロップ、レモネード割り)。後ろで友達がディアボロマント飲んでます。
初めて2階のカフェに入りましたが、ハイソ!って感じで楽しかったです。

ぜひぜひ、見かけたら飲んでみてください。
暑い日には、ディアボロマント。
[PR]
トラックバックURL : http://hpcontente.exblog.jp/tb/8154475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by bonjourhappy | 2009-04-08 21:12 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)