コートはしまうことにした

こんにちは!!

今週のあたまから、目はしょぼしょぼ、鼻もくしゃみも酷くて、あああ本格的についについについにと覚悟を決めていたところ
木曜あたりに頭痛がはじまってなんか熱もあるような感じになり

これは、風邪なのでは・・・・・・!!

と、薬を飲んで寝てみたところ次の日から絶好調になりました。

ほんとに風邪だったよ!張り切ってマスク入れなんて買っちゃったんだけど。でも、マスク苦手だったのも、あの何日かでなんとなく克服したし、よかったのではないかしら。

3月は、卒業式とか、あと意外に仕事で関係してくるのが離任式だったりします。

お花屋さんの市場のほうでは、もうすっかり春のお花が主役ですから(終わりかけ、ともいうくらいに)制服だとか見送るだとか見送られるだとかのキーワードを思い出す時にチューリップとかストックとか、春のお花やその匂いなんかが頭に浮かんでくるようになるわけで、春特有の切なさっていうのはそのあたりにあるのかな、とか思います。

桜のことを歌ってる曲って、あんまり「ぱあっ」としたやつがないですよね、なんでなんだろう。
歌舞伎とか日舞で踊るような長唄とかだと「桜咲いたぜ!ぃやっほう!!」みたいなのもあるのにね。

さみしいですが、私の連載も最終回です。春、と、春のお花のことを書きました。

せつないわ、なんて上で書いていますけど、春のお花の生命力たるや。ぐんぐんと伸びていくあの感じ!が伝わればいいな。

また、連載のお仕事したいです!書くの、やっぱり好きだ!と思いましたし、編集者さんに一度目を通していただいて直してもらった文章って、劇的に伝わりやすくなるんだな!とか、本当に勉強になった4か月間でした。

写真を撮るときのファイルサイズも、大きくしました(A4以上にはしない設定にしていたら、解像度が足りないことがあったので。こんなこともなければ、そんなことにも気が付かなかった)。
これでもう、備えあれば憂いなし。

本当にClim編集部の皆さま、担当のH様にはお世話になりました。ありがとうございました。

そして、今日はもう全部春の話題です。

12日から15日まで、お花のお教室がありました。
今月は、春のアレンジメント。シャンペトルです。田舎風の、という意味。

a0110441_13523704.jpg
1月2月ときゅっと詰めたものを作っていたので、今月はのびやかに、大らかに作ってもらいました。
ミモザと麦は、器の外側に。器も、何年もお庭に出しっぱなしにされていて、雨や風にもさらされていい具合に雰囲気が出てきたなってテイストの「新しい」ものを使いました。

切なさでもなく、ぐんぐんと伸びる生命力でもなく、ふわふわとした、優しい気持ちになる春を閉じ込めました。
いい香りがするお花をいくつか入れたこともあるんでしょうけれど、「なんか今日たぶんよく寝れると思う」とかおっしゃっていた生徒さんが
一人や二人ではなかったのが面白かったです。私もよく寝ちゃったよ(風邪薬飲んでたし)。

いろんな顔があるのね。春って。

パリツアーのお問い合わせも、まだまだお待ちしています!よろしくおねがいします!!

それでは、また。


☆★ 私のお店HAPPYのHPはこちら オススメやお花の写真、パリやフランスのニュースなど、楽しくやっています。 ぜひぜひこちらもあそびにきてくださいね!!
[PR]
トラックバックURL : http://hpcontente.exblog.jp/tb/21007176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by bonjourhappy | 2015-03-16 14:05 | お花の教室 | Trackback | Comments(0)