春の始まり、冬の終わり(あいまい)

こんにちは~。

昨日市場に行ったら「今日明日が本当のお花見日和らしい」と市場のお兄さんが言ってて「え?!うちのほう(←静岡県沼津市)ならわかるけど東京も?もう?」とか話していたのですが、どうもほんとに今日満開らしいですね。えええー気分がね、乗り切らないです。入学式のときに桜がないとなんだかさみしい。

さて今日からお花のおけいこがはじまりました!(HPのほうのお花のおけいこページにとびます)

a0110441_15162161.jpg


今月は春のお花のバスケット、です。

これでラナンキュラスは今年もうさよならかも。今年もたくさん楽しませてもらいました。
ラナンキュラスは本当に1年ごとに進化するので、毎年毎年楽しみです。強くもなるし、え?これラナンキュラス?って思い切った品種改良による新品種も出てくるし、ものすごく勢いがあるお花です。
おばけサイズの、手のひらくらい大きなお花でも茎がしっかりしてる、っていうのが今年の驚きのひとつだったなあ。去年までは買ったはいいがすぐ折れた(しょぼん)だったのに。

ミモザがいっぱい入るので、全部同じテンションで入れちゃってもさもさもさもさしないように、とか
ラナンキュラスが主役だけど、ほかのマーガレットやトルコキキョウもちゃんと目立つように、とか

いろいろ説明はしていますがイメージはお庭なので、頭の中に物語があると作りやすいんじゃないかと思います。

私は「お引越ししちゃった♪お庭があるの!がんばっちゃった~♪」という、「庭付き一戸建て引越し一年目の理想と夢がいっぱいの庭」ってイメージです(笑)なんか、手当たり次第に植えてみたらこんなに咲いちゃうとは思わなかったよ~~~(苦笑)というちょっと過剰なお花の量。やだびっくり!でも満足!って人。

お庭なので、ミイマチックラボのみゆきさんにつくっていただいたちょうちょも入れて。

これはやりはじめると掴みやすいみたいで、みなさん上手に作ってくださっています。
よかった。

さて。

ジュリアンさんがついに3枚目のアルバム製作に入ったご様子。

たのしみーーーーー!!前のアルバムは、MP3のほうにしか入ってない曲があったんだけれど今回もそういう売り方をするのかな。英語の歌が入ってて、ジュリアンさんがめちゃくちゃ英語うまくなってて驚いた・・・。
前回はフランスからMP3を買う方法にかなり梃子摺ったのですけど、今回はもうそれは大丈夫だからどんな売り方でもどんとこいだ。そしたらまたコンサートやるのかなー。行きたいな~(前回のツアーは行った)前回の反省として、絶対1階席のほうが楽しそうっていうのがわかったので、今度は決定したらすぐに日程を組みたいところ。

あ!そうそう!!
ホワイトデーのプレゼントに当たり、(応援するわ・・・!!)と心に決めた新井裕介くん
あまりに何も知らなすぎるので(見栄は張らない)今ちょこちょことネットで調べてみたりしてるのですが



いた!エボくん!!一瞬!!いたー!!髪の毛短いと若いねえ!!
上手に右手でフォーク使ってるけど左利きらしいよ(調べた)

富士見二丁目交響楽団のDVDも買った!!フフ。



最初音声だけ出た時に(さらりと歌ってるけどダレンの声がいやらしい)と思ったShout!のフルパフォーマンス動画も出ました。
教室から出る時、いくら歌ってるからっていっても、Darrenだけ女の子におんぶされてますけど!!
例えばこれがフィンだったら絶対歌ってても担ぐほうになってたよね・・・ぷぷ。

それにしても、ブレイン君はハーメルンの笛吹き形式に学校の中を練り歩く歌が結構多い。


これとか。

とりあえず、ブレイン君は卒業前に図書室の先生に「お世話になりました」って語挨拶に行ったほうがいいと思うよ。

それでは。

☆★

私のお店HAPPYのHPはこちら
オススメやお花の写真、パリやフランスのニュースなど、楽しくやっています。
ぜひぜひこちらもあそびにきてくださいね!!
[PR]
トラックバックURL : http://hpcontente.exblog.jp/tb/17490692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2013-03-21 17:23
タイトル : 精神の美しさにふさわしい心に残った名作映画ベスト10
桜、花言葉は「純潔・精神の美しさ」 Cherry Blossoms, language of flowers "The beauty of mental chastity" 往年の名作映画から、精神の美しさにふさわしいと名作映画から、単なる個人的な好みで勝手に“名作映画ベスト10”をつくってみました。 ●天井桟敷の人々  (1945年フランス)     見せ物小屋のガランスとパントマイマーのバチストの苦しい恋の物語。19世紀パリの一角にうごめく   人々を鮮やかに写し一大人間...... more
by bonjourhappy | 2013-03-21 16:21 | お花の教室 | Trackback(1) | Comments(0)